新型コロナウイルス感染症の流行下における育児支援サービス補助事業

更新日:2021年11月17日

新型コロナウイルスに対する感染防止策として、東京都外または東京島しょ部に、予定していた里帰り出産が出来なかった妊産婦に対し育児支援サービスの費用の一部を補助します。

対象となる方

八王子市に住民票がある妊産婦で、次の全ての条件に該当する方

  1. 里帰り予定先が都外または東京都島しょ部で、新型コロナウイルスの影響により
    里帰り出産ができなくなった方
  2. 日中、育児や家事を支援してくれる親族や知人が不在であること

ご自身が対象になるかどうか分からない、という方はお電話にてご相談ください。

サービスの内容

育児サービス

  • 調乳・授乳の世話
  • 沐浴の準備・実施・後片付け
  • おむつの交換
  • 上の子の世話(幼稚園や保育園への送り迎え含む)など

家事サービス

  • 食事の準備や後片付け
  • 衣類の洗濯・布団干し
  • ゴミ出し(粗大ごみを除く)
  • 居室の簡単な掃除・整理整頓
  • 生活必需品の買い物 など

(注意)対象にならないサービス(例)

  •  八王子市ファミリー・サポート・センターが提供するもの
  •  八王子市産前産後サポート事業(ハローベビービサポート)の費用
  •  妊産婦の方の母体ケア
  •  育児支援サービスの入会金・年会費
  •  換気扇の掃除・お風呂のカビ取り・エアコンの掃除などの大規模なお掃除サービス
  •  特別に手間のかかる料理(お盆、お正月など)
  •  ペットの世話
  •  庭の除草や草刈り  など

利用できる期間

出産予定日14週前から産後3か月までの間に利用したもの
令和3年4月1日から令和4年3月31日の利用分が適用となります。

補助額および利用回数

育児サービス1回あたり10,000円が上限。1か月の利用回数は4回分まで、利用可能期間中12回分が申請可能です。
令和3年3月31日までに申請された分がある方は、その回数も含めて12回分が上限になります。
1回の利用額が1万円に満たない場合、その利用額が上限になります。
補助対象となるのは利用料金のみです。サービス利用にかかる入会費や交通費、駐車場代等につきましては、対象外となります。

補助申請の流れ

  1. このページの下記にある「里帰り予定表」をダウンロードしてご記入いただき、支援者の方の署名をもらってください。
  2. 「補助金交付申請書」をダウンロードし、ご記入ください。口座番号・名義人がわかるもの(キャッシュカードのコピーなど)をご用意ください。
  3. サービスを利用したら、サービス内容と金額、事業者が確認できる「領収書」「利用明細書」を保管しておいてください。
  4. 母子手帳の表紙(名前がわかるところ)と出生証明のページ出産予定日かわかるページのコピーをとってください。
  5. 「補助金交付申請書」「里帰り予定表」「領収書」の原本「利用明細書」「母子手帳のコピー」「口座番号がわかるもの」をまとめて、子ども家庭支援センターに郵送またはご提出ください。
  6. 補助対象経費について審査し、「交付決定通知書」を申請者にお送りします。
  7. 交付決定後、おおむね1か月以内に補助金がご指定の口座に振り込まれます。

(注意)領収書について

 対象となる妊産婦に提供されたサービスであることがわかる支払い証拠書類であること。
 提供事業所の名称、利用日、利用したサービス名の記載、受領印があること。

必要な書類

  • 新型コロナウイルス感染症流行下における育児支援サービス補助金交付申請書
  • 里帰り予定表
  • 領収書の原本
  • サービスを利用した時間、日数が分かるもの
  • 母子健康手帳の表紙、出産届出済証明のページ、分娩予定日が書かれているページのコピー
  • 利用額に対して、国または都から別に助成されている場合は、金額がわかるもの。(該当者のみ)

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

子ども家庭部子ども家庭支援センター
〒192-0082 八王子市東町5-6(クリエイトホール地下1階)
電話番号:042-656-8225 
ファックス:042-656-8226

お問い合わせメールフォーム