子ども支援担当のちょこっと子育てコラム集!!

更新日:2021年03月24日

ちょこっと子育てコラム

子ども支援担当のかおり先生&ともえ先生が執筆中(笑)

コラム28 音 NEW

毎日の子育ての中で、テレビ、携帯の音、いろんな音の中にいる
テレビがなんとなくついているだけ。

1日 テレビを消してみてはどうかな?
1日 携帯をしまってみてはどうかな?

「天気がわからない」「パパから連絡がくるからそんなことできないよ」
そうね 大人にはいろんな事情がある

シーンとするのがこわい
時間がわからないと、家事に困る。

いいんじゃないかな しーんとした中に身をまかせてみても

包丁のトントンとする音
こどもの遊ぶ音
雨の音 風の音 サイレンの音…

っくり深呼吸してみて
ねっころがってやってみて
なんにも考えない時間が、子育て中はもてないね
だからこそ、あえて音をけしてみようよ 気持ちがスッキリするかもしれないよ

コラム27 聞いてほしいだけなの

子どものことで、ちょっとしたことで悩んだとき
ポロっと愚痴ることってないですか?

一番近い、パパに言って欲しい言葉は、

「そっか。それは、こまったよね…」とか
「ママ、大丈夫??」です

「なんで、〇〇しないんだよ」
「お前があまやかすからだろ」
なんて言葉ではありません。

ねぇパパ
ママがパパに相談するときは、
「うん。うん。」ってちゃんと聞いて欲しいな。

それが難しいパパがいたら、
私たちがママに寄り添うから、子ども支援担当に電話してね! 

コラム26 時間

夜泣き いやいや期 ぐずぐず、食べない…
いったいいつまで続くの…?
いったい何が気に入らないの…?

ほんとね
いつまで?!っておもっちゃうね

昼間と夜の気温の変化があった日は寝苦しい
なんとなく気分転換できなかった日は、ぐずぐずしたくなっちゃう
いつもよりいっぱい!おっぱいを飲んだからごはん食べたくない

今、すごしている時間は、きっと時と共に変わっていくよ
毎日の子育てが一瞬一瞬であること
分かっていてもしんどい時ってあるよね

いいんじゃないかな その気持ちも「ママ」だから感じることができたんだから
産まれて、成長して、そして離れていくまでの時間て思ったより

あっというまなのかもしれないよ

コラム25 あつい!アツイ!暑い!

まぢで、暑いね!!
いろんな意味でいつもの夏とは違うね!

だから、ひろばに行くことも、遊びに行くことも、
ほんとに大丈夫か、ゆっくり考えてみてね!

「だって、予約したから!」「水遊びさせたいから!」

そうね。 わかる。
でも、子どもにとってこの暑さは、とっても厳しい。身体がまだ小さいからなんだよ。

ひろばで会えなくても、私たちが、ママに会いにいくからさ!
だから、無理しないでね!

コラム24 どうして?なんで!?

「どうしてそうなの?」「なんでやらないの?」

この言葉をつかわない日がない
いや、つかわなくても常に思っている(笑)

わかってる。
問い詰めちゃいけないことも
責めちゃいけないことも

でも、つい言いいたくなる
少しでもスムーズにやりたいし、少しでも早く終わらせたい…

そうね。ほんとにそう。

でもさ、「なるほど!」「そーなの?!(笑)」
こっちの言葉ののほうが、イライラスイッチは、入らないよ!

子どもにだけじゃなく、パパとのケンカにもつかえるよ(笑)
(注意)使用後、相手が反撃してきたら「あーい、すいまてん!!」って逃げちゃって(笑)
これでよし!

コラム23 一日一か所

 もう…どうしたら片付くの?
断捨離なんて、ほんと無理!!

そうだよね。子育て中は思うようにいかない。
片付いてないおもちゃを踏んでイライラ
(特に、ブロックとトミカは痛い)
さっき片付けたばかりのおもちゃがまたちらばってたり…

ちゃんと掃除機かけて、雑巾がけして…そんなことわかってる!!

でも、できないのぉー!だよね      

下駄箱のくつを揃える
スポンジで洗面所を磨く(かわいいスポンジをおこう!)
タンスの一段だけ整理する
台所の調味料のとこだけきれいにする      

どこか一か所。ちょっとやるだけで、意外とスッキリするかもしれないね。

コラム22 イライラする

「ただいま」と帰ってきたパパの声が暗い
「ただいま」と帰ってきた子どもの表情が暗い      

イライラする。みてるとイライラする…      

そんなときは、みないようにしよう!聞かないようにしよう!      

どうしてもだめなら、ベランダで空をみよう!      

時間が解決してくれることっていっぱいあるかもしれない
「どうしたの?」「なんかあったの?」って聞くことだけが、
解決じゃないのかもしれないよね。

コラム21 たべたくない

コンビニでお昼を買おう!と立ち寄ってみた
サラダ、おにぎり、アメリカンドック…
色々あっていつも組み合わせに悩む

だけど…
最近、どれも食べたくない…
今まで好きだったものでも、なんとなく食べたくない…
体調が悪いわけではない
ストレスがあるわけでもない
天気のせいでも、気温のせいでもない

そう。そんなことがたまにある      

子どもだってきっと同じ
「食べたくない!」「違うものが食べたい!」
そんな風に言葉にできない時ってあるんじゃないかな

いいよね。そんな時があっても!
大丈夫だよ。食べるときが必ずくる。      

ごはんが嫌なら、パン、うどん、ホットケーキ!
おかずが嫌なら、バナナ連続攻撃(笑)      

そんな時はきっと、今だけじゃないかな
つらくなったら電話していいんだよ、一緒に考えようね。

コラム20 子育てはじゃりみち

子育ては、じゃりみち
舗装されてない長い道を一緒にあゆむこと(かもしれない)      

赤ちゃんがお腹にいるとき、ママは転ばないように歩き
よちよち歩きの時は、石につまづかないようにと頑張って石をどけ
イヤイヤ期は、その石をひろいたがる我が子に苦戦
そして、手をつながず転んでケガをして慌てるママ

心配ですべての石をどけたくなるママ
転んでほしくなくてじゃりみちを歩こうとしないママ
危ないからと手をしっかりつないで歩くママ

たくさんの経験をしながら、成長してほしいとわかっていても、ママはこの石に苦戦する      

人生はじゃりみち
すべての石をどけてあげることはできない      

どう転んで、どう立ち上がるのか      

ころんだあと、「いたかったね」「だいじょうぶ?」と声をかけれる
一呼吸と距離をみつけることにママたちも手探りだよね

ママが転んだときは、わたしたちが言うからね「だいじょうぶ?痛かったね」って
ママはひとりじゃないよ

コラム19 きょうだい

「おねぇちゃんだからね」ってよく言われてて育ちました
弟が生まれるまでは、おじいちゃんのおひざは私の居場所でした
弟が生まれた夏、おじいちゃんのひざに弟がいる写真をみつけました

でもそこに映っているわたしの表情は、とてもとても暗い表情でした…

まだ3歳になっていたかどうかの時期
そんなちいさな時のほんの一瞬の写真の中の表情がとても暗かった      

きょうだいへの関わり方は、きっと色々あります
下の子のほうが、食事も着替えもきっと手がかかるでしょう      

でも、きっとおにいちゃんも、おねえちゃんも今はたくさんたくさん甘えたいし、
たくさんたくさんふれてほしいと思ってる

きっとママやパパが思っているよりずーっとずーっとね      

今、きょうだいの関わりでで悩んでるママ。
言葉なんていらないからいっぱいいっぱい抱っこして!
いっぱいいっぱい「かわいいね!」っていってあげてね

コラム18 ママの悩みしってますか?

 昼寝しないのに夜なかなか寝ない…
せっかく作ったご飯を全然食べてくれない…
お風呂もゆっくりはいれない…
トイレだって1人でゆっくりできない…
あげたらきりがない…

パパ、おじいちゃん、おばあちゃん!      

ママがいっぱい悩んでること知っていますか?
ママがいっぱいがんばっていること知っていますか?      

ちいさな子どもを育てるということは、あたりまえにできることじゃない。
いっぱい悩んで。いっぱい不安なの。      

答えが欲しいわけではないの…

「うんうん、そうなんだ。それでどうしたの?」って…
私の話をちょっとでも聴いてほしい…それだけなんだ。

コラム17 どんな自分??

わたしは食べることが大好き
おいしいものを見つけたり、作ってみたり…      

小さい頃は、スチュワーデスになりたかった(これほんと)
お話しするのが大好きで、小さい頃は、公園に行くとたくさんの大人に話かけてた
団地にトラックで八百屋がくると、勝手に野菜をおばちゃんに売ろうとしたり…      

よく叱られてたな
狭いところが苦手で、ぶつぶつが苦手
病院は大っ嫌い、注射が嫌い、生クリームが嫌い…      

ねぇママ。
最近自分のことゆっくり考えてますか?
小さかった頃のこと、思い出したりしますか?
どんな風にあそんでいましたか?何がすきだった?なにが嫌だった?
もしかしたら子育てのヒントが見つかったりするかも…

コラム16 なるほど

子どもがとんでもないいたずらをしたり、
ママが「早くしなさい!!」って言ってしまいそうなとき!

ちょっとだけ、冷静になってみない?
そして…子どもがやってることに
素直に「なるほど!」って言ってみて!

子どもにとって、いたずらは「TRYしてる時間」
子どもにとって、ママが言う反対の動きは「自分でできる!」って自信があるとき
子どもにとって、ぐずぐずしてるときは、「自分のなかのぐずぐず虫と戦ってるとき」

だから、ちょっとだけ、待ってあげてほしい
そのほうがきっと、気持ちが楽だよ!

コラム15 ながぐつ

わたしは、ながぐつが好き。バシャバシャ歩けるから。

ちょっと歩きづらくっても雨がふったら履いている      

子どもにながぐつをはかせると、なぜだか脱いだ時、中から水がでてくる…
そうなると靴下もビッショビショ!!

でもー。いいね!good job!だよ      

いっぱいみずたまりにはいった証拠だ!      

子どもにとったらきっと、ハワイよりも大きなみずたまりのほうが好きだ(たぶん)      

これから梅雨に突入!ながぐつででかけてみよう!ママもね!
お家に帰ってびちゃびちゃだったら、みつめあって笑ってね!
Good job!って言ってあげよう!      

大人になったらながぐつの中は、ぬれなくなる!大丈夫!

コラム14 パパの悩み知っていますか!?

 言葉にはしないかもだけど…

この状況の中、
誰よりもママのことを心配してる
誰よりも子どもたちのことを心配してるって知っていますか?      

「いやいや。うちはそんな人じゃないから…」      

ううん。そんなことないよ。

ちゃんと心配してる。ただ、上手に話せないだけ。
疲れてるからつい甘えて、イライラをぶつけて、つらく当たっちゃう…
だから、ついスマホに逃げちゃうだけ…      

ね?パパそうだよね?

コラム13 パパたち

スマホをずーっとみてるパパ
ゲームをずーっとしてるパパ

います。たくさんいます。

自粛でおうちにいるのに、手伝ってくれず、ごはんの支度だけママが増えて…
つらいね

でもね。子どもとちがって、大人のパパは、なかなか言うことを聞きません(笑)

こらっー!!って変わりに言ってあげる!!
いいかげんにしろー!!って言ってあげる!!

そして、ママをぎゅーってしてあげたい…

コラム12 ちいさかったころ

父に抱っこされたり、母にベタベタにかわいがられた記憶があまりない。

海で遊んだ時、弟が波でぬれて、姉のわたしがものすごく叱られた記憶…
食事の時、父が帰ってくると、「姿勢!」と叱られた記憶…
どちらかというとそういうことをよく思い出す。      

でも、写真には、父が肩車してくれたり、母と見つめ合って笑っていたり
きっと、父と母にしたら、「あんなにかわいがったのに」って思うかな。

でも、こどもは大人が考えている以上に繊細で敏感だ。

色んなことが苦しい今だからこそ、
たくさん抱っこして、たくさん触れ合って、たくさん笑って欲しい。

もし、「無理」「私だって疲れてるし」「自粛でそんな余裕ない」って思ったら、
ママやパパが感じている、その心のとげをそっと抜くから…

コラム11 いくついえるかな??

毎日の中で、何気なくしている会話
こどもたちと過ごす時、パパとの会話の中で…
おじいちゃんやおばあちゃんとの会話の中で…      

「ありがとう」「大丈夫?」 「それいいね!」
「おいしいね」「できたね!」「すごいね」
「さすがだね」「かわいいね」「がんばったね」

1日にどれくらい 言えてるのかな…      

1個も思いつかなかった人…
なんでそんなこと言わなくちゃいけないの?…
て思った人…      

子ども支援担当と電話でお話ししませんか?

コラム10 あたりまえじゃないということ…

今、お仕事に行くパパ(ママ)きっといつもの何倍もストレスがあると思います。
今、子育てを担当している、ママ(パパ)も、きっとストレスが増えてきていると感じます。

お仕事に行ってる人は、お家で子育てをしてくれてる人に…
お家で子育てしてる人は、お仕事に行っている人に…

こころをこめて、毎日ことばをかけているでしょうか…

仕事にいくということ、子育てをしているということ、って
あたりまえじゃないということ

今、誰しもが想像もしなかった状況の中、
それぞれの役割をがんばっている

パパはママに「ありがとう」って言っていますか?
ママはパパに「ありがとう」って言っていますか?

そして、目の前のこどもに笑顔をそそいでいますか?

コラム9 ゲラゲラ笑おう♪

仕事で話すことが多い私
実は家では、ほとんど話さない
テレビも見ない
だけど、今はあえて少しの時間でもテレビをみるようにしてる

そして…       

「時を戻そう」や「クセがすごい」などのお笑い番組をみて

大きな声でゲラゲラ笑うようにしているの今一番のお気に入りは、「大阪のおかん」

大きな声で笑うとスッキリするの。
きっと理屈じゃないね♪

コラム8 味噌玉つくり

用意するもの

  • みそ おおさじ1 山盛り
  • こねぎ
  • とろろこんぶ
  • ラップ
  • マスキングテープ

作り方

  1.  ラップをひろげてみそと具材をぜんぶまとめて包む
  2.  ラップをキュッととねじってマスキングテープでくるっととめる

(注意)具材、味噌の量はお好みでOK!たくさん作って冷凍してもいいよ♪

コラム7 美容師に行ったのに…

あれは2月の寒い冬…。
数か月ぶりに美容院で髪の毛をカットして、ルンルンでお家へ帰ったのに…

誰からも声をかけられない。チーン…。

「ほら見て~!」とこちらからアクションをおこすも「髪の毛切ったの知ってるよ」とのこと。
とのこと。

2度目のチーン…
でも、週明けに保育園に出勤したら園児が駆け寄ってきてくれて、
「先生、髪切ったの?すごくいいねー♪」と言ってくれたんです。
「ありがとう♪」と朝からとても嬉しく、1日ルンルンでした♪

気がついたら言葉で伝えてくれると嬉しいですよね。
こんな時だからこそ些細なことでもお互いに声をかけていきましょう!

大人だけでなく、お子さんも同じです。ついつい出来ていないことに
目が向いてしまいがちですが、上手にできてる時こそ、たくさん声をかけてあげましょう!
声をかけるときのポイントは、行動を具体的にほめてあげるといいですよ!

例えば絵を描いているお子さんに「上手だね!」と声をかけるのではなく、
「この顔とても上手に描けたね!」「ここの色づかいが素敵だね!」と
具体的に伝えてあげると、お子さんは分かりやすいですね!

コラム6 自分時間

自分の時間なんてない… 
そんな風に思わないで!

あえて、お湯をわかしてみようよ。
ちょっと気になっていたフレーバーTeaをご褒美に買って、飲んでみない?

こんなことかもしれないけど、心も体もほっこりするはず!
こんな時だからこそ、ちょっとでも自分時間をつくってみよう。

コラム5 だれもきづいてくれない

 夕方 食事の仕度中のこと

今日は特にイライラ…
あー!きっとお天気のせいね(ってそんな穏やかに言えないし!!)
そうね…
グズグズの子どもたちを早く食べさせて、寝かせたい!
そう思ってる日に限ってなかなか寝ないというオチ
しかもそんな時、フライパンの油がはねて、ママの手に…
 思わず「あっつい!」と叫ぶ…
 でも、だーれも大丈夫?って言ってくれない

急に悲しくなった 寂しくなった もう、どうでもいいやって思えてきた…
 あるよね。そういうこと。じゃあこうしよう!

 紙に、大きく「大丈夫!ママがんばってるぞー!」って書いて
そして、好きな柄のマスキングテープで、冷蔵庫の扉に貼っちゃって!

貼るものは、ママが笑顔になるアイテムだったらなんだっていいんだよ!

コラム4 今日もがんばった!

できるだけ夕飯くらいは、テレビつけずに食べられるといいね。

だってさ、ママが一生懸命つくったごはんだよ!

え?ちゃんと作れてない?
いーの、いーの!ごはんを用意できてること自体が花丸!100点だよ!
だからみんなで「おしいねー!」って笑顔で食べようよ!

反抗期の子も、口数が少ないパパも、恥ずかしがりやのママも!
こんなときだからこそ、とびっきりの「おいしいね!」を食卓にそえてみようよ!

子どもを育てるということ、食事の支度をするということ、家の中を整えるということ。
どんな状況であっても変わらずがんばってるママとパパ!

寝るときに、声に出していってみて。
「今日もがんばった!」って自分で自分を褒めてあげてね♪

コラム3 ゆっくりそらをみてみよう!

 雨がやんだあと 空をみてみようよ!
 雲の切れ間があるかな?雲がいつもより低いかな?暗いかな?

ちょっとした合間に夜空もみてみて
夜空の様子は、日々ちがうよ!
明日も、こうやって顔を上に!気持ちと一緒にあげていこうね!

曇り空、風が吹く日、そして晴天の日。朝の早い時間、お昼、夕方、もちろん夜でもOK!

ゆっくり上を、空をみてみよう。
きっと、大丈夫!っておもえてくるはず
声に出してみて!大丈夫!って。

コラム2 ごはんの時間が大変…

そんな時は、パパにも協力してもらって、おうちでレストランごっごはいかがですか?
おにぎりとみそ汁卵焼きなどのちょっとしたおかずをちいさなお皿にわけて…
コックさんの帽子は、白いスーパーのふくろをつかってコック帽子!がつくれちゃうよ!

コラム1 のびのびストレッチ

まず床にねっころがります。
足と腕をうーんと!伸ばしてみましょう。
その時に必ず「うーん!」って声を出します。
そして、一番きついところで3秒キープ!
3秒キープしたら、パッと力を抜きます。
これを3回~5回やってみましょう♪

そして、横を見てみましょう。
必ずお子さんが真似をしてるはずです(笑)

この記事に関するお問い合わせ先

子ども家庭部子どもの教育・保育推進課
〒192-8501 八王子市元本郷町3-24-1(本庁舎事務棟4階)
電話番号:042-620-7447
ファックス:042-621-2711

お問い合わせメールフォーム