高等職業訓練促進給付金

更新日:2021年05月28日

高等職業訓練促進給付金とは

ひとり親家庭の母または父が、就職の際に有利な国家資格の取得を目指して養成機関に通う場合、訓練促進給付金を支給して経済的支援を行います。また、入学時から修了時までひとり親家庭の母または父であった方に対しては、修了後に修了支援給付金を支給します。
これから資格取得を目指している方、すでに修業中の方も母子・父子自立支援員にご相談ください。

令和元年度より、支給期間が最長3年間から4年間に、修業期間の最終1年間の支給金額が40,000円増額となりました。

令和3年度に限り、6か月以上の養成機関での訓練を通常必要とする民間資格等の取得の場合も対象となります。

6か月以上の訓練を通常必要とする民間資格(PDFファイル:521KB)

詳しくは子育て支援課母子・父子自立支援員までお問い合わせください。

対象者

市内にお住まいの20歳未満のお子さんを養育しているひとり親家庭の母または父で、次のすべての要件を満たす方

  • 児童扶養手当を受給している、または児童扶養手当の受給要件と同等の所得水準の方
  • 養成機関において、1年以上のカリキュラム(令和3年度に限り、6か月以上も可)を修業し、資格取得が見込める方
  • 仕事または育児と修業の両立が困難な状況にあると認められる方
  • 過去に同じ給付金を受給していない方

対象となる資格

対象となる資格(通学制)は次のとおりです。

  • 看護師 ・准看護師 ・保健師 ・助産師
  • 保育士 ・介護福祉士 ・社会福祉士 ・精神保健福祉士
  • 作業療法士 ・理学療法士 ・言語聴覚士 ・視能訓練士
  • 歯科衛生士 ・美容師 ・理容師 ・調理師
  • 製菓衛生師 ・栄養士 ・管理栄養士 ・柔道整復師
  • 鍼灸師(はり師・きゅう師) ・あんま・マッサージ師

※令和3年度に限り、6か月以上の訓練を通常必要とする民間資格も可能。

6か月以上の訓練を通常必要とする民間資格(PDFファイル:521KB)

詳しい教育訓練講座の検索はこちらから →    https://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/

支給額及び支給期間

・訓練促進給付金 :支給期間 最大4年間(条件あり)

住民税非課税世帯の方 月100,000円(最終1年間は140,000円)
住民税課税世帯の方 月 70,500円(最終1年間は110,500円)


・修了支援給付金:修了確認後に支給(入学から修了時までひとり親家庭の母または父である方)

住民税非課税世帯の方 50,000円
住民税課税世帯の方 25,000円

※支給額や支給期間は世帯の住民税の課税状況や修業を開始する時期により変わります。
※准看護師の資格を取得後、引き続き正看護師の学校へ進学する場合、合計4年給付を受けられる場合があります。
※4年間給付を受けるには条件がありますので、詳しくは母子・父子自立支援員にお問い合わせください。

手続き

1 事前相談

電話で相談日をご予約の上、養成機関や生活費の資料などをもって、子育て支援課の窓口で、母子・父子自立支援員にご相談ください。
事前相談では、資格取得への意欲や資格の取得見込み、また、現在の生活状況などをお伺いし、支給の必要性について審査します。

 (注意)事前相談の結果、支給の必要性がないと判断する場合があります。あらかじめご了承ください。

2 支給申請

事前相談を受けた後に支給申請手続きをしていただきます。申請の際に、支給額の決定のため、同居している親族の課税証明書等を提出していただく場合があります。

子ども家庭部子育て支援課 母子・父子自立支援担当 電話予約042-620-7362

この記事に関するお問い合わせ先

子ども家庭部子育て支援課(母子・父子自立支援担当)
〒192-8501 八王子市元本郷町3-24-1(本庁舎事務棟4階)
電話番号:042-620-7300 
ファックス:042-621-2711

お問い合わせメールフォーム